弁護士紹介 弁護士費用 ご相談の流れ

【解決事例】傷害罪 逮捕・勾留→勾留延長決定に対する準抗告 認容

罪名 解決内容
傷害被疑事件 勾留延長決定に対する準抗告 認容

 

解決までの期間 約10日間

 

【事案の概要】

成人式への参加を目前に控えていた依頼者は、直前に知人とトラブルとなり、傷害罪で逮捕、勾留されました

勾留は延長され、このまま延長された勾留満期まで身柄が拘束されてしまうと、成人式への出席はできなくなってしまうという状況でした。

そこで、当事務所の担当弁護士は、接見を重ねて依頼者を励ますとともに、依頼者が成人式に出席できるよう、連休中に勾留延長請求許可の取消を求めて準抗告を行いました。

連休中は、裁判所や検察庁の通常業務も休みになりますが、連休に入る直前に担当弁護士が裁判所や検察庁と協議を続けた成果もあり、成人式前日の深夜に準抗告が認められ、無事に身柄が釈放されました。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

問い合わせフォーム

トップへ戻る

牛久本部電話番号リンク 日立支所電話番号リンク 水戸支所電話番号リンク