弁護士紹介 弁護士費用 ご相談の流れ

無実を証明して欲しい

電車で通勤をしておられる方は、一度は痴漢冤罪に間違われてしまったら、という想像をしたことがあるのではないでしょうか。

また、夜間に警察から職務質問を受けたり、身に覚えのない犯罪で事情聴取を受けた方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

警察から犯罪の容疑をかけられ被疑者となってしまうと、被疑者=犯人という前提で取り調べが進んでいきます。この容疑を晴らすのは、たいへんな労力が必要になります。現代の日本では、統計上、起訴された事件に対し99.9%は有罪判決が出てしまいます。無罪を主張する人に限ってみても、無罪判決が出るのはたった1%にすぎません。

現在でも、我が国では、自白は「証拠の王様」と呼ばれ、裁判上重要な証拠となります。これを獲得するために捜査機関は強引な取り調べを行います。このため、悲劇的な冤罪が生じてしまうことがあるのはみなさんのご存じのとおりです。

最も虚偽の自白がしてしまいやすいのは、逮捕から間がなくまだ弁護士がついていないため被疑者となってしまわれた方が精神的に不安定になっている時期です。この時には、警察側も、不当な捜査が行われやすいと言えます。

したがって、早い段階から弁護人を選任することにより、自己の立場を確認し、不当な捜査から身を守ることが肝要です。

弁護士法人長瀬総合法律事務所では、被疑者となってしまわれた方の状況を精査し、今後の状況の見通しをよく話し合い、取り調べに対する助言を積極的に行っていきます。また、違法・不当な捜査には警察・検察に強く働きかけそのような捜査を止めさせるよう努めていきます。

弁護士法人長瀬総合法律事務所の弁護士は、無実を訴える依頼者様と最後まで共に寄り添い闘い続けます。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

問い合わせフォーム

トップへ戻る

牛久本部電話番号リンク 日立支所電話番号リンク 水戸支所電話番号リンク