茨城、つくばで刑事事件のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

実績

 

当事務所の弁護士は、これまでに覚せい剤事案や窃盗、詐欺、横領などの経済事犯、性犯罪事案や傷害事案などのほか、外国人事件や否認事件、裁判員裁判なども担当しており、数多くの案件を幅広く担当した経験・実績があります。
その一部をご紹介いたします。

 

1 不起訴処分にされた事例

(1) 恐喝被疑事件

佐藤さん(仮名)は、知人のAさんに対し、お金を返さなければ暴力団を呼ぶなどと脅かして、貸していたお金の数倍もの金員を要求してきたという恐喝容疑で逮捕されました。
当初は別の国選弁護人が担当していましたが、何も動いてくれないということに不安を抱いたご家族から相談を受け、途中から私が担当することになりました。

 

ご相談いただいたその日の夜に佐藤さんに接見に行き、詳しくお話を伺うと、佐藤さんがAさんを脅かしたことなどないということでした。
さらに、担当検事とも協議すると、被害を受けたと主張するAさん自身も、被害金額がいくらなのかということもはっきり分からないという曖昧な供述をしていることが分かりました。

 

そこで、当方で整理した意見書を提出して担当検事と協議の上、不起訴処分を得ることができました。

 

2 執行猶予を勝ち取った事例

(1) 傷害事件

鈴木さん(仮名)が、被害者に対し、口論の末、鈍器で頭を殴打してしまったという事案です。
酔余の上とはいえ、凶器を用いた犯行であり、しかも頭を叩いてしまっていることから、命にも関わりかねない重大事件でした。
当初は殺人未遂事件として逮捕・勾留されていました。
その後、殺意までは認めがたいとして傷害事件として起訴されることになりましたが、犯行態様や被害の重大さ、被害者の処罰感情などに照らすと、執行猶予は厳しい事案でした。

弁護人として就任し、すぐに被害者宅にご訪問して謝意を伝え、示談に応じていただくとともに、ご家族やご友人にお願いしてご本人の減軽を求める嘆願書を集めていただきました。また、職場の関係者にもお願いして、ご本人の普段の人柄等に関する上申書を作成していただきました。
そして、ご本人とは何度も面会し、なぜこのようなことをしてしまったのか、内省を深めてもらいました。

 

裁判では、裁判長から異例とも言えるほど長い補充質問がありました。
裁判長も、相当量刑を悩んだのだと思います。
その結果、保護観察付きではありましたが、なんとか執行猶予付きの判決を得ることができました。
ご本人も、執行猶予が付くとは思っていなかったようで、非常に喜んでいいただきました。

 

3 保護観察処分にした事例

(1) 詐欺事件(少年事件)

田中くん(仮名)は、20歳を目前に控えた大学生でした。
ある日、田中くんは、友人から割のいいアルバイトがあると紹介され、軽い気持ちでこれを引き受けました。
ところが、このアルバイトは、見ず知らずの人の家に行って銀行カードを受け取り、これを指示された場所に持っていくというものだったのです。
田中くんは、振り込め詐欺の共犯として逮捕されました。
被害金額は、判明しているだけでも数億円という重大事件でした。

 

田中くんは、20歳にはなっていなかったので、少年事件として家庭裁判所に送致されました。
付添人に就任後、被害者の方への謝罪をするとともに、ご両親とも何度も打合せを行い、今後の監督について話し合いました。
また、大学にも連絡し、なんとか学業を続けることのできるよう、交渉を続けました。

 

少年審判では、田中くんの反省や、生活環境の整備が評価され、保護観察処分を得ることができました。
早めにご依頼いただき、迅速に対応できたことで、被害者の方への謝罪や、生活環境の整備ができた成果でした。

 

その他各種解決事例

・窃盗→不起訴処分で解決

・殺人未遂(裁判員裁判)求刑8年→懲役5年

・道路交通法違反→執行猶予判決の獲得

・ 自動車運転過失傷害被告事件→執行猶予の獲得

・電磁的公正証書原本不実記録・同供用被告事件→執行猶予獲得

・ 自動車運転過失傷害被告事件→執行猶予の獲得2

・暴力行為等処罰に関する法律違反ー保釈許可決定の獲得

・女性に対する脅迫行為(暴力行為等処罰に関する法律違反)→執行猶予獲得

外国人女性との偽装結婚(電磁的公正証書原本不実記録事件)→執行猶予獲得

「窃盗」勾留延長なしの不起訴処分の獲得!

「窃盗」逮捕なしの不起訴処分の獲得!

【暴行被疑事件】準抗告認容・勾留取消決定

・準抗告認容決定の獲得(接見禁止決定に対し)

自動車運転過失致死罪被告事件→執行猶予獲得

・【傷害被疑事件】勾留延長決定に対する準抗告 認容!

今後とも追加予定です。*ご依頼者のプライバシー保護のため事件により記載内容を抽象化しています。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

主な対応エリア

茨城,牛久,土浦,つくば,阿見,稲敷,龍ヶ崎(竜ヶ崎),取手,守谷,坂東,石岡,神栖,つくばみらい,日立,行方,水戸,常総

よく取り扱う事件、解決事例・実績

交通事故犯罪―人身事故(死亡事故)―ひき逃げ、当て逃げ―飲酒運転 性犯罪ー痴漢・強制わいせつー強姦等児童ポルノ等ー強姦等ー青少年保護育成条例違反ー援助交際ー盗撮、暴力犯罪ー殺人・殺人未遂ー傷害・傷害致死ー過失傷害,過失致死殺人未遂、裁判員裁判、求刑、懲役、道路交通法違反、執行猶予、偽装結婚(電磁的公正証書原本不実記録事件)自動車運転過失致死被告事件、窃盗、勾留延長、不起訴処分、暴力行為等処罰、保釈許可決定、脅迫行為(暴力行為等処罰に関する法律違反)執行猶予獲得準抗告認容・勾留取消決定

総合サイトへ