茨城、つくばで刑事事件のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

痴漢冤罪(痴漢をしていないのに逮捕された)

【痴漢冤罪とは】

痴漢行為は,満員電車の車内など,人が密集している機会に行われることが多い犯罪という特徴があります。

通常の犯罪であれば,他人に見つからないよう,人がいない機会で行われますが,痴漢行為は他人が多数いる中で,他人に紛れて行われるという点が他の犯罪との大きな違いと言うことができます。

そして,他人がいる機会に行われるために,痴漢事件では,本当の犯人ではないにもかかわらず,犯人と誤解されてしまうケースも少なからず起き得てしまします。

このように,痴漢事件では,冤罪のケースがゼロではありません。

 

【痴漢の疑いをかけられたらどうすべきか】

それでは,実際に痴漢行為をしていないにもかかわらず,痴漢の疑いをかけられた場合,どうすべきでしょうか。

この点,痴漢と言われたら即座にその場から逃げるべきだという意見もあります。

ですが,痴漢と疑われてその場から逃げようとすれば,逃亡の恐れありとして逮捕されることもあり得ます。

むしろ,本当に何もしていないのであれば,できる限り落ち着いて自分が犯人ではないと主張する必要があります。

名刺を渡すなどして,その場を堂々と立ち去ることができれば良いですが,難しければ早期に弁護士と連絡を取るなどの対応を意識しましょう。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

主な対応エリア

茨城,牛久,土浦,つくば,阿見,稲敷,龍ヶ崎(竜ヶ崎),取手,守谷,坂東,石岡,神栖,つくばみらい,日立,行方,水戸,常総

よく取り扱う事件、解決事例・実績

交通事故犯罪―人身事故(死亡事故)―ひき逃げ、当て逃げ―飲酒運転 性犯罪ー痴漢・強制わいせつー強姦等児童ポルノ等ー強姦等ー青少年保護育成条例違反ー援助交際ー盗撮、暴力犯罪ー殺人・殺人未遂ー傷害・傷害致死ー過失傷害,過失致死殺人未遂、裁判員裁判、求刑、懲役、道路交通法違反、執行猶予、偽装結婚(電磁的公正証書原本不実記録事件)自動車運転過失致死被告事件、窃盗、勾留延長、不起訴処分、暴力行為等処罰、保釈許可決定、脅迫行為(暴力行為等処罰に関する法律違反)執行猶予獲得準抗告認容・勾留取消決定

総合サイトへ