茨城、つくばで刑事事件のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

執行猶予にしてほしい

裁判になり、有罪判決を言い渡されたとしても、執行猶予を得ることができれば、刑務所に入ることはありません。
また、勾留中だったとしても、執行猶予判決になれば、勾留状が失効するため(刑事訴訟法345条)、直ちに釈放されます。
そして、執行猶予を取り消されることなく猶予期間が経過した場合には、刑の言渡しの効力はなくなります。

執行猶予のメリット・注意点

① 早期の社会復帰

執行猶予判決を得ることができれば、刑務所に入らずに社会復帰することが可能です。
長期間、刑務所に服役せずに済むため、ご家族や会社、ご友人との関係が絶たれないことになります。
執行猶予判決を得ることは、ご本人の社会内での更生・復帰のために非常に重要です。

② 執行猶予期間中の注意点

但し、執行猶予中に再び刑事事件を起こしてしまい、万が一有罪判決を受けると、前刑の刑も加算されることになるため、長期間刑務所に服役することになってしまいます。
交通事故(人身事故)など、過失による事件であっても例外ではありません。
この点には特にご注意ください。

 

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

主な対応エリア

茨城,牛久,土浦,つくば,阿見,稲敷,龍ヶ崎(竜ヶ崎),取手,守谷,坂東,石岡,神栖,つくばみらい,日立,行方,水戸,常総

よく取り扱う事件、解決事例・実績

交通事故犯罪―人身事故(死亡事故)―ひき逃げ、当て逃げ―飲酒運転 性犯罪ー痴漢・強制わいせつー強姦等児童ポルノ等ー強姦等ー青少年保護育成条例違反ー援助交際ー盗撮、暴力犯罪ー殺人・殺人未遂ー傷害・傷害致死ー過失傷害,過失致死殺人未遂、裁判員裁判、求刑、懲役、道路交通法違反、執行猶予、偽装結婚(電磁的公正証書原本不実記録事件)自動車運転過失致死被告事件、窃盗、勾留延長、不起訴処分、暴力行為等処罰、保釈許可決定、脅迫行為(暴力行為等処罰に関する法律違反)執行猶予獲得準抗告認容・勾留取消決定

総合サイトへ