茨城、つくばで刑事事件のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

保釈してほしい

逮捕・勾留された後、起訴された場合には、さらに長期間の身柄拘束が継続します。

ですが、起訴された後も、身柄を解放する手段があります。

それが「保釈」手続です。

保釈手続の詳しい解説はこちらをご参照ください。

 

保釈のメリット

① 早期の身柄釈放

保釈が認められれば、起訴後であっても社会生活に戻ることができます。

仕事や学業を続けたり、家族との大切なときを過ごすことができるのです。

 

② 充実した公判準備が可能に

また、身柄を釈放されることで、関係者や弁護人との打合せがよりスムーズに行なうことができるようになります。

打合せ等をスムーズに行なうことで、より充実した公判準備が実現できます。

 

保釈の注意点

① 保釈保証金の用意

このように、保釈には非常に大きなメリットがあります。

ですが、保釈が認められるためには、多額の保釈保証金を用意しなければなりません。

但し、この保釈保証金は、手数料はかかるものの、日本保釈支援協会から借りることも可能です。

すぐに多額の保釈保証金が用意できないからと言って、諦める必要はありません。

 

② 保釈許可条件

また、保釈許可決定に際して、様々な条件が付けられることがあります。

たとえば、住居や旅行の制限、事件関係者との接触の禁止などです。

これらの条件に違反すると、保釈を取り消された上、保釈保証金が没収されることがあります。

特に気をつけなければなりません。

 

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

主な対応エリア

茨城,牛久,土浦,つくば,阿見,稲敷,龍ヶ崎(竜ヶ崎),取手,守谷,坂東,石岡,神栖,つくばみらい,日立,行方,水戸,常総

よく取り扱う事件、解決事例・実績

交通事故犯罪―人身事故(死亡事故)―ひき逃げ、当て逃げ―飲酒運転 性犯罪ー痴漢・強制わいせつー強姦等児童ポルノ等ー強姦等ー青少年保護育成条例違反ー援助交際ー盗撮、暴力犯罪ー殺人・殺人未遂ー傷害・傷害致死ー過失傷害,過失致死殺人未遂、裁判員裁判、求刑、懲役、道路交通法違反、執行猶予、偽装結婚(電磁的公正証書原本不実記録事件)自動車運転過失致死被告事件、窃盗、勾留延長、不起訴処分、暴力行為等処罰、保釈許可決定、脅迫行為(暴力行為等処罰に関する法律違反)執行猶予獲得準抗告認容・勾留取消決定

総合サイトへ