茨城、つくばで刑事事件のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

―人身事故(死亡事故)

交通事故における人身事故は刑事事件でご依頼頂くケースの中でも非常に割合を多く占める事件です。

お悩みの方は是非一度弁護士にご相談ください。

【罪名】

自動車運転過失傷害,自動車運転過失致死(刑法211条2項)

 

【量刑】

7年以下の懲役若しくは禁固又100万円以下の罰金(刑法211条2項)
但し,ただし,その傷害が軽いときは,情状により,その刑を免除することができる。

 

【犯罪の内容】

自動車運転過失傷害罪は,自動車の運転中,不注意により人を撥ねてしまったりする等の交通事故を起こしてしまい,被害者に怪我をさせてしまった場合に該当します。
また,自動車運転過失致死罪は,上記のような交通事故を起こし,結果として被害者が亡くなってしまった場合に該当します。
なお,このような交通事故を起こした際,ひき逃げ等もあった場合には道路交通法違反も問題となります。

 

【弁護方針】

交通事故が起きてしまったとしても,本当に過失があったといえるかどうかを検討する必要があります。
自動車運転者に過失(不注意)がなければ,自動車運転過失致傷罪は成立しません。
そこで,まずはご本人から事情をうかがった上で,事故現場の状況を確認・調査する必要があります(場合によっては事故現場まで伺い,調査を行ないます)。
事実確認・調査の結果,ご本人に過失(不注意)はなかったと言えるケースであれば,この点を主張・立証して争っていくことになります。

また,ご本人も過失(不注意)があることを認めているケースでは,被害者の方への謝罪に務めることになります。ご本人では被害者の方への接触が難しいため,私たち弁護人がご本人に代わって被害者の方へご連絡をとり,謝罪を伝えたり,被害弁償金をお渡ししたりします。
また,今後二度と同種事故を再発しないような施策を検討することにもなります。

 

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

主な対応エリア

茨城,牛久,土浦,つくば,阿見,稲敷,龍ヶ崎(竜ヶ崎),取手,守谷,坂東,石岡,神栖,つくばみらい,日立,行方,水戸,常総

よく取り扱う事件、解決事例・実績

交通事故犯罪―人身事故(死亡事故)―ひき逃げ、当て逃げ―飲酒運転 性犯罪ー痴漢・強制わいせつー強姦等児童ポルノ等ー強姦等ー青少年保護育成条例違反ー援助交際ー盗撮、暴力犯罪ー殺人・殺人未遂ー傷害・傷害致死ー過失傷害,過失致死殺人未遂、裁判員裁判、求刑、懲役、道路交通法違反、執行猶予、偽装結婚(電磁的公正証書原本不実記録事件)自動車運転過失致死被告事件、窃盗、勾留延長、不起訴処分、暴力行為等処罰、保釈許可決定、脅迫行為(暴力行為等処罰に関する法律違反)執行猶予獲得準抗告認容・勾留取消決定

総合サイトへ