茨城、つくばで刑事事件のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

ー強姦等

【性犯罪】

強姦,準強姦,強姦致死傷,強盗強姦,強盗強姦致死

 

【罪名】

強姦罪(刑法177条)

準強姦罪(刑法178条2項)

集団強姦罪(刑法178条の2)

強姦致死傷罪(刑法181条2項,3項)

強盗強姦罪(刑法241条)

強盗強姦致死罪(刑法241条)

 

【量刑】

強姦罪:

3年以上の懲役

 

準強姦罪:

3年以上の懲役

 

集団強姦罪:

4年以上の懲役

 

強姦致死傷罪:

無期又は5年以上の懲役(刑法181条2項)

無期又は6年以上の懲役(刑法181条3項)

 

強盗強姦罪:

無期又は7年以上の懲役

 

強盗強姦致死罪:

死刑又は無期懲役

 

【犯罪の内容】

強姦罪は,暴行又は脅迫を用いて,被害者の意思に反して性的行為を行う犯罪です。

強姦罪は,その行為態様によって,単純強姦罪,準強姦罪,集団強姦罪に分かれます。また,その被害結果によって,強姦致死傷罪,強盗強姦罪,強盗強姦致死罪に分かれます。

なお,強姦罪,準強姦罪は親告罪とされています(刑法180条)。親告罪とは,告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪を言います。

なぜ強姦罪等が親告罪とされているかというと,事実が公になると被害者に不利益が生じるおそれがあるからです。

もっとも,集団強姦罪や,強姦致死傷罪などは,非親告罪(告訴がなくとも公訴を提起することができる)とされています。

 

【弁護方針】

強姦罪は,被害者の意思に反して性的行為を行ったことが要件となります。

合意で性的行為を行ったという事情があれば,強姦罪は成立しないことになります。

そこで,合意で性的行為を行ったのかどうかを確認した上で,実際にそうだとすればその事実を主張・立証していく必要があります。

また,強姦罪は親告罪ですので,告訴があることが公訴の条件となっています。

そこで,起訴前に被害者から告訴を取り下げてもらうことができれば,不起訴処分を得ることができます。

もっとも,強姦事案の被害者の処罰感情,苦しみは当然ながらとても大きいものです。被害者のお気持ちにも配慮しながら示談交渉を進めなければなりません。示談交渉が難航するケースも少なくないことはあらかじめ認識しておく必要があります。

お問い合わせ・無料法律相談

茨城県日立支所オープン

水戸支所オープン

皆様の声

求人特設サイトはこちら

セミナー紹介

メディア掲載

主な対応エリア

茨城,牛久,土浦,つくば,阿見,稲敷,龍ヶ崎(竜ヶ崎),取手,守谷,坂東,石岡,神栖,つくばみらい,日立,行方,水戸,常総

よく取り扱う事件、解決事例・実績

交通事故犯罪―人身事故(死亡事故)―ひき逃げ、当て逃げ―飲酒運転 性犯罪ー痴漢・強制わいせつー強姦等児童ポルノ等ー強姦等ー青少年保護育成条例違反ー援助交際ー盗撮、暴力犯罪ー殺人・殺人未遂ー傷害・傷害致死ー過失傷害,過失致死殺人未遂、裁判員裁判、求刑、懲役、道路交通法違反、執行猶予、偽装結婚(電磁的公正証書原本不実記録事件)自動車運転過失致死被告事件、窃盗、勾留延長、不起訴処分、暴力行為等処罰、保釈許可決定、脅迫行為(暴力行為等処罰に関する法律違反)執行猶予獲得準抗告認容・勾留取消決定

総合サイトへ